早大,リコーラグビー部などのチームドクターを務め,昨年度までラグビー日本代表のチームドクター。「代表チームは寄せ集め,ケガからの復帰一つをとっても所属チームごとに価値観が違う。最初のうちは価値観を合わせるのが難しかった」
 もともとは精神科志望だったが,「現在の医療ではなかなか治らない。治る疾患を扱いたい」と整形外科に進んだ。横浜市立港湾病院,日本体育協会スポーツ診療所などスポーツ医療の最前線を歩んできたが,20代後半には重い障害と向き合う神奈川リハビリテーション病院に2年間勤務。「スポーツにも通じるリハビリの重要性や,医者以外の医療従事者とともに医療に取り組む医師のスタンスを学んだ。医師としてあるべき姿を学ぶべきときに,学べる病院にいた」と振り返る。
 現場で接する選手たちが立つ位置は,いわば頂点。が,視線ははるか先にも向いている。「選手としてトップのときはどうでもいい。30年も後に,『最近どうだい』って一緒に飲めるような付き合いをしたい。それが夢です」       (渋谷 文彦) 
sports003013.jpg
ホーム
sports004010.jpg
スポーツ整形外科
sports003013.jpg
ホーム
sports016003.gif
語録
sports016002.gif
sports016001.gif
2004年
この人 スポーツ医学の第一線で
sports004002.jpg
けがの話
sports004005.jpg
語録
紹介記事
sports007002.jpg
遠征日記
sports007001.jpg
メール